エーハイムの楽天商品!フィルター

2211の方と迷ったのですが、2211は細長くて転倒しやすいようなので安定感のある2213を選択。導入をお考えの方は!ダブルタップの購入もお忘れなく!少々お値段がはりますが!いい商品です。またこだわりがないのであればエーハイム一択です。

これっ!

2017年02月02日 ランキング上位商品↑

エーハイム フィルターエーハイム サブフィルター 2213 関東当日便

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

もっと安い時もあるかも?テトラのVX-75に繋いでサブにしています。(ダブルタップがSETになったものも!ありましたよ!)メンテが非常に楽になりますよ。このセットでろ材は合計約5.5リットル入ります。外部濾過をはじめて使う。でも一番の狙いは、フィルター清掃時のバクテリア保護!片方づつメンテする方が、バクテリアダメージを軽減出来ます。そしたら二日で海水が今までで一番綺麗になりました!びっくりです!海水ってこんなに綺麗になるんですね!大容量フィルターより!フィルター+サブフィルターの方がメンテナンス時の作業性がいいです。2213と一緒に使用しています。サブがあるとメンテしやすいですし、ろ過能力も高くなるのでいいと思いますよ。現在1つの水槽で使用していて!2213単独よりイイと感じたので別の水槽でも使用しようと購入しました!少し安く買えたのでヨカッタです!濾過アップをはかりました。(サブ単体では3リットル)2213フィルターのバケットを外すと!もうちょい入るでしょうね。先日、セールで2213を購入したら、サブフィルターもセールやってるじゃないですか…!ということでポチ。これはそのフィルターのろ層面積を増やすフィルターで写真のように本体と並べて使います。2213サブの中身はエーハイム純正のサブストラット1.5L/メック 1Lを詰込みました。一切推奨されないと思いますがテトラのユーロ75EX(中身はリングメイン)のサブとして接続しました。上流に設置してまず大きなゴミをこし取る物なので濾財はエーハイメック!サブストラットラージ!粗めフィルターパッドなど目詰まりしにくい物を選択して下さい。サブのお陰で、流量も緩やか。2基だと!サブを第1に使うと思いますが!パワーが落ちて今一つ流れがよくありません。。定期的に濾過層のメンテを怠らないようにしなきゃですね。サブフィルターを使用することはろ過能力がアップするんですが!流量が下がってしまいます。流量がきついと!コケが増える!パイプ・ホース径が大きい。やはり!この商品にはダブルタップ1つを最初から付けてもらうのが一番よいです。今まで60センチ水槽で外掛け式一個だけでろ過してても問題なかったのですが、魚が挟まって死んでしまってたのに気がつかずに2、3日放置してしまい海水が真っ白になり、それから一週間ほどたっても濁りが取れなくて2215とこの商品を一緒に購入しました。2217フィルターにつないでます。今から20年前にショップの方からアドバイスしてもらい、いまだに継続してますが、水の透明度は抜群です。いつも水槽眺めて癒されている分、メンテをしかっりしてあげて、快適な環境で飼育してあげましょう!1840円で購入。僕は後者ですが(w)いつもは2213につないでいますが、はじめて2211につなぎました。と言う事ですので!良いものだと思われます。セット品で買うか!タップの安売りをじっくり待つか。第1はウレタンメインの物理ろ過!第2はサブストラットメインの生物ろ過!第3は活性炭アンモニア吸着材などがメインの化学ろ過です。そこで!第1と第3を駆動式にして!第1フィルターで水槽からの吸水力を上げ!更に第3フィルターで出水力を維持します。60センチ以上の水槽は必ず3基の2213を組んでいます。過密だがこれ以上水槽を増やせない方は本体との併用を特にお勧めします。以前!購入依頼した知人から調子が良いので別の水槽用にと依頼されました。さすがに水流は!落ちますが使えます!!でも!ダブルタップの無い人は!エーハイム500を買って!インペラーを抜いて使用した方が断然安いです。2211には別売で倒れない様にするサポートスタンドがありますが、値段が高いので迷っているのならば2213を選択した方が安上がりだし、濾過能力も高いです。主に生物ろ過を中心に下部はちょっと物理ろ過で利用しています。他メーカーさんとの互換性もあるのも好評価です。流量が減りすぎないようにと思いこうしたので、水量は増えたし満足です。さらに、大きいのは流量が強すぎる。(取り回しがしにくい)2213+2213サブのセットが!自分には一番いい組み合わせですね。ダブルタップは付いてないので、別途購入が必要です。縦長なのでスペースも大きくなく便利です。セール時に購入。ダブルタップを一緒に購入するとメンテが楽です。(濾過槽容量は同じ)付属品が全て揃ってる。2213と本品を接続して使っています。このサブフィルターは第2として使います。フィルターをメンテしてから4日程開けて、サブをメンテ。ダブルタップが付いていないので追加で1つタップを購入しました。流量がだいぶ落ちるかと予想していましたが、粗めパット3つ、エーハイムメック0.5リットル、ゲルキューブ1リットル入れたのですが、ほぼかわりませんでした。大容量フィルターのみでは!どうもバランスを崩します。簡単に濾過能力を強化する事が出来るので例え過密飼育でなくてもお薦めです。けっこう入るので、ありがたいです!2215より1L少ないけど、値段の上がり具合で、こちらにしました。本体との違いは単にモーターが入ってるかいないかだけ外見は一緒ですね。コリ専用水槽にサブフィルターを付けてなかったのでセールで安かったこともあり購入。買い忘れました。スペース的に余裕があれば、サブフィルターお勧めです。構造的には一番シンプルで汎用性高いと思いますが!ダブルタップが必要なのが難点。本当に2213様々です。特に日本のような60センチ企画水槽が標準であるところでは2213または500になります。写真は別の水槽で2215を使ってるので サイズ比較で撮ってみました。